最近のトラックバック

お知らせ

  • myurionpapa
    潟上市から「馬」「落語」「ブログ」などを公開中。
  • おなじみORAE
    な、なんとこのホームページにある「湖畔の杜通信」をクリックすると、しょーもないMy Blogが載ってるよ。
  • ホームページも稼働中
    牛と田んぼと羽後の里のホームページ ついに始動。 ブログともども宜しくお願いします。

お気に入りブログ

無料ブログはココログ

« 名古屋の総括 | トップページ | 稲刈りが始まります »

2007年9月11日 (火)

45代当主 鈴木杢之助亡くなる

9月に入ってからいろいろあり、非常に忙しかった為更新出来ませんでした。

1日に叔父である鈴木杢之助が永眠しました。杢之助は鈴木家45代当主で、自宅は国指定重要文化財になっています。5日に葬儀を行い、7日には初七日と本当に慌しく駆け抜けて行きました。14日はいよいよ納骨です。

仕事柄、亡くなった人は何人も見てるんですが、身内は本当に辛いですね・・・最初に電話をもらった時も、あまりの驚きに声がしばらく出ませんでした。

鈴木杢之助は甥の私が言うのも変ですが、本当に人から好かれていました。火葬場へ向かうバスに乗り込む際、鈴木家の前に立っている大勢の弔問客を見て、私は思わず話しかけていました。「親父(杢之助)見てみな、あんたのためにこんなにも多くの人が集まってくれたよ。いくら大金持ちでも、いくら頭が良くても、人に好かれなければ人は来てくれない。その点あんたは本当に人から好かれていたんだね・・・」と。

この10日間程、様々な人から慰めの言葉を頂いてますが、その言葉を聴く度に涙が止まりません。反対によく人間はこんなに涙が出るものだと驚いています。しかし涙も納骨まで。残された家族の事、我々親戚が出来る事、これからゆっくり考えて行かなければ・・・

最後に、鈴木家は改修工事の真っ只中です。あと二ヶ月程で終わる予定ですが、その先頭に立って尽力されておられる、文化財建造物保存技術協会の松本所長には、東京で訃報を聞いてからすぐ駆けつけて下さり、また初七日まで手伝っていただき本当にありがとうございました。ぜひ工事が終わったら叔父の遺影の前で酒を酌み交わしたいものです。

« 名古屋の総括 | トップページ | 稲刈りが始まります »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390340/7898752

この記事へのトラックバック一覧です: 45代当主 鈴木杢之助亡くなる:

« 名古屋の総括 | トップページ | 稲刈りが始まります »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31