最近のトラックバック

お知らせ

  • myurionpapa
    潟上市から「馬」「落語」「ブログ」などを公開中。
  • おなじみORAE
    な、なんとこのホームページにある「湖畔の杜通信」をクリックすると、しょーもないMy Blogが載ってるよ。
  • ホームページも稼働中
    牛と田んぼと羽後の里のホームページ ついに始動。 ブログともども宜しくお願いします。

お気に入りブログ

無料ブログはココログ

« グアムは遊びに来るところ。 | トップページ | 今年はどんな年? »

2008年1月14日 (月)

日本とグアムの相違

さて、今日も大雪が降っている羽後の里から、前回約束した違いについて少し書きたいと思います。あくまでも憶測ですので間違ってたらごめんなさい。

①交通・・・左ハンドルで通行は日本と逆。国際運転免許証を持っていったが、結局使用せず。車は傷や凹みがあるのが当たり前。たいていの車がボロボロでした。一番強烈なのはライトとブレーキランプが片方とも取れていた車。ドアも微妙に開いていた。新婚旅行で行ったオーストラリアも車検制度が無かったので、グアムも無いと思われます。送迎のバスなんか走行距離510,000kmで、スピードメーターが動いてなかった・・・日本だったらありえね~。バイクはノーヘル。でも見かけたのは3台のみ。なぜか少ない。

②食事・・・でかい!(^^)!何オーダーしても大きい。ありえんでしょう。ハンバーガーは子供の顔と同じ大きさだし、タバスコが日本の500mlサイズのペットボトルと同じ大きさって・・・でも全体的にやや薄味。濃い目が好きな人は物足りないかも。

③音楽・・・必ず車には(どんなにボロい車にも)ラジオからガンガンに音楽が流れている。店内も同じ。町で超巨大トラック(Budweiser)に黒人の大男2人が殆んど手放し状態のノリノリで踊ってた。よく事故らないものだ・・・でもこの町には不思議とよく似合う。乾いた風と突き刺す日の光、そしてむせ返る南国特有の匂いがそうさせるのか?ちょっぴりジェラシー。

④言語・・・英語は殆んど必要ありません。「ありがとう」と「すみません」が話せれば何とかなります。それだけ日本人観光客が多い証でしょう。

以上、簡単にまとめて見ました。

さて、現実に目を向ければ、昨日体育館で「新春餅つき&ミカンまき大会」があって、夜勤明けなのに参加してきました。で、毎年恒例の臼で餅もついてきましたよ。でも眠かった~(-_-)zzz

これで新年の行事は殆んど終了しました。学校は明日より始まりますし、いよいよ浮かれ気分は終わって、通常モードに突入です(^・^)

では、気が向いたらまた更新しますね。

« グアムは遊びに来るところ。 | トップページ | 今年はどんな年? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390340/9881825

この記事へのトラックバック一覧です: 日本とグアムの相違:

« グアムは遊びに来るところ。 | トップページ | 今年はどんな年? »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31