最近のトラックバック

お知らせ

  • myurionpapa
    潟上市から「馬」「落語」「ブログ」などを公開中。
  • おなじみORAE
    な、なんとこのホームページにある「湖畔の杜通信」をクリックすると、しょーもないMy Blogが載ってるよ。
  • ホームページも稼働中
    牛と田んぼと羽後の里のホームページ ついに始動。 ブログともども宜しくお願いします。

お気に入りブログ

無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月29日 (月)

始まりの春へ・・・

サボってサボってサボりまくりで、今日まで来ましたが、「このままではいかん」と思い、しぶしぶ書き込んでいます。

みなさま本当にお久しぶりです。

前回のアップが卒業式だったから、ずいぶん休んでいました。今日は離任式があり、お世話になった先生と用務員さんにお礼の意味を込めて出席しました。一人の先生は同じ町内の学校の為、しばしば顔を合わせる事もあるでしょうが、もう一人の先生は、なっ!なんと!!遠い遠い「アフリカ」のケニアで、日本人学校の先生になるそうです。期間は三年。一応席はこの学校に置くそうなので、校長先生は「時々ネットでメールが届くでしょう」と話されてました。
アフリカですか・・・いったいどんな感じなのでしょう?もし、近況を伝えるメールが子供達に届いたのなら、こんなに生きた教材はないでしょうね。そこで暮らす人々の姿や、生活様式など、子供達が学べる要素はいくらでもありそうです。
別れの言葉で「この空や、この太陽は必ず繋がっている。空や太陽を見る度にみんなの事も思い出そう」と、話したのが印象的でした。どうかお元気で。無事に帰国される事を祈ってます。

でも、ロンドン経由でフライト時間が22時間にはビックリeye改めて地球はでっかい事を再認識しました。

話は変わり

このところの天気には驚かされますね。今日も晴れていたと思ったら、突然猛烈な吹雪になるし、そろそろビートの出番なんだけど、未だに小屋で冬眠中。温かくなるまでは、もう数日かかりそうです。

別れの季節の春が終わり、今度は出会いと始まりの春がやって来ます。もう一度夢を見る為に、重いコートを脱ぎ捨て、軽やかに前へ進みたいものです。

今度は怠けずアップしますので、今日はここまで。

2010年3月18日 (木)

大失態と涙

二時間程前に卒業式が終わりました。
柄にもなく緊張してしまい、残念ながら一番肝心の部分を読み忘れると言う大失態sadどこまでミスに気付いた人がいたかは置いといて、やはり涙・涙の卒業式でした。終盤まで誰も泣かず、「このまま終わるのかな?」と思っていたら、卒業生や保護者からすすり泣きが聞こえてcrying・・・最後には在校生・教職員一同、会場全体が涙に包まれ、私も堪えるのに必死で・・・いい思い出となりました。

今日はこの後四時から、会場を移して謝恩会に参加させてもらいます。

私が挨拶を行っていた同じ時間に、同級生の亡骸は火葬場へ向かう途中でした。今頃は残った家族に別れを告げて、三ヶ月前に亡くなったお母さんと逢ってる事でしょう。

人生は何があるか分かりません。だからこそ楽しくもあり、そこが辛い所でもあります。「死んだあいつの分まで生きてやる」と大袈裟な事は申しません。が、せめて一日でも長く。家族の為に、そして周りで私を必要とする人がいるのなら、その人達の為に。これからも力強く歩んで行こうと思います。

では、また。

2010年3月16日 (火)

エリア88が好きな男だった

今日はめっきり寒くなった羽後の里です。朝から静かに霧雨が降っていて、どんよりとした鉛色の空が、いかにも寒さを一層引き立てますが、もうすぐお彼岸となります。「暑さ寒さも彼岸まで」
確実に春は近くに来ているんでしょう。何か頑張らなきゃ!と思っちゃいますね。

さて、年度末の総仕上げ「卒業式」が、いよいよ明後日になりました。この期に及んでまだ原稿ができてない愚か者ですが、逆に卒業する子供たちの顔を見ると、考えてきた内容がスパッと綺麗に消えそうで・・・   怖いですsad・・・

ところで、今日は朝から同級生死去のニュースが聞こえて、少々パニくった所です。彼とは保育園から高校までず~っと一緒で、確か「社会」では右に出る者がいないほど優秀でした。空軍自衛隊へ入隊後、再就職の為東京で暮らしてたんだけど、体を壊し数年後に帰郷。それからは近くにいるのに音信不通と言うか、誰とも連絡を取る事なく、今日一人で旅立ちました。あまり自分の感情を外に伝えなかった男だけど、いつもニコニコ笑っている印象しか残ってません。
我々がしてあげる事はなかったんだろうか?六時間以上経っても未だ自問自答です。
大空と戦闘機をこよなく愛した男に・・・合掌。

またアップします。

2010年3月11日 (木)

戦意喪失

やらなければいけない事が多すぎて、ここまで更新していませんでした。
お久しぶりです。
気分もだいぶ落ち着いてきたので、やっと平常心で書いています。ここ数日へこみっぱなしで、何をやっても無気力で・・・このままだといけないと思い、今日は一日中図書館でお勉強bookをして過ごしてました。
ん?結局インドアなんですけど、久々に時の立つのも忘れ没頭してました。

そして気がつけば卒業式まであと一週間。何にもスピーチの原稿作ってないsign03大丈夫か俺sign02自分で自分に問いかけてみたけど、どうやら大丈夫らしいです。(いつもの事さ)何とか間に合わせるでしょう。

二日程降っていた雪も今日までみたいで、明日は三月下旬並みまで気温が上昇する予定。徐々に温かくなって、ついでにモヤモヤも吹き飛んでいけ~dash

そんな訳で今日はここまで。

またアップします。

2010年3月 3日 (水)

バンクーバーオリンピックが終わった

オリンピックが先月28日に終わった。日本は金メダルはなかったけど、特にフィギュアの真央VSヨナには、文字通り固唾(かたず)を飲んで見守っていたし、終盤に行われた女子パシュートでの100/2差には、スポーツの厳しさをまざまざと見せられたような気がします。マスコミは金メダルがなかった事を騒いでいるが、世界の人と戦って入賞だけでも立派なもの。自分に悔いがない位頑張った人には、まさに最高の大会だったのでは?
ただスケルトン女子の小室希選手は残念でした。前代未聞の失格と悔しさは、是非次回開催の「ソチ」で晴らしてもらいたいものです。

さて、明日は今年度最後のPTA総会があります。初めて会長になり、何も分からないまま、ただ目の前にある事業を行ってきた気がします。しかしそれももうすぐ終わり。
今は今年度を振り返る余裕はありません。まずは明日。たくさんの重要案件を承認して頂けるのか?それにかかっていると言っても過言ではありません。

今日車で走っていたら、帰路に就く白鳥の大群を見ました。季節は確実に春へと変わりつつあります。そろそろ自分も何か新しい事にチャレンジしてみなくてはsign03そんな気持ちを抱かせた白鳥との出会いでした。

またアップします。

2010年3月 1日 (月)

今、田沢湖は異国の雰囲気

2月27~28日にかけてスキーツアーがあり、家族で田沢湖へ行って来ました。と、その前に・・・
27日は町のスキー大会があり、娘は初参加でしたがなんとか5位に入り、賞状を頂いてニッコリhappy01しかし2位から7位までは全て1秒違いで、もう少しで2位の可能性もあれば、逆に7位の可能性もあり、全く分かりませんね1年生は。

大会後田沢湖へ出発したものだから、初日は滑らず温泉に入ったりspa部屋で過ごしたり。天気は良かったけどインドアしてました。

2日目は早く身支度をしてスキー場へ。田沢湖を眺めながらの滑走は最高sign03こちらは話題となりましたので、とりあえず写真に収めて来ました084

日本では今月から放送される「IRIS」。その中で実際に2人が滑ったゲレンデを「アイリスゲレンデ」と命名。多くの韓国人の皆さんが滑ったり写真に撮ったりと盛況でした。

そして、途中休憩しようと建物に入ったら、ORAEの関口さん(常務)とバッタリeye。偶然ってあるんですね。ただ、お客さんを連れていたので忙しいらしく、「後で店に行くから」とだけ話しその場は別れ、スキー終了後改めてORAEを訪ねると・・・たくさんのお客さんがいましたね~winkで、肝心の常務は、チラッと顔を見ただけで、話せないまま我々は帰って来ました。たくさんのお客さんに来店していただくのが一番。私達は「今度温かくなったら又行こう」って話したので、残念ですがゆっくり話すのは次回に持ち越しと言う事で。でも、ORAEで大勢の人が喜んで食事をしている姿は、何かこっちまで嬉しくなって来ます。関口さんどうぞお元気で。

で、その後お約束の「たつこ姫」を見に行ったら、こちらは大勢の韓国人に占領されていました。中には像の上まで上がり、たつこ姫と肩を組んで写真を撮る者や、たつこ像に雪玉を投げつけている子供まで。いったいこの国の人間は「たつこ像」をどこまで認識しているのか?と考えさせられました。

もちろん自分の子供達には、絶対にやってはいけないと話し、併せて「たつこ伝説」も教えましたけど、異文化の壁は高そうです。

このスキーツアーで分かった事は、スキー場に行っても、湖畔に行っても、今の田沢湖には韓国からのツアー客が非常に多く、異文化の違いも大きい事。しかし、今の秋田の経済を考えれば、そのツアー客に依存する事が大きいのも現実だと言う事ではないでしょうか?近くて遠い国「韓国」。機会があれば一度覗いてみたい気もします。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31