最近のトラックバック

お知らせ

  • myurionpapa
    潟上市から「馬」「落語」「ブログ」などを公開中。
  • おなじみORAE
    な、なんとこのホームページにある「湖畔の杜通信」をクリックすると、しょーもないMy Blogが載ってるよ。
  • ホームページも稼働中
    牛と田んぼと羽後の里のホームページ ついに始動。 ブログともども宜しくお願いします。

お気に入りブログ

無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月30日 (金)

年度末に思う

久々の更新です。

明日で今年度が終わりますが、皆さんはどんな一年だったでしょうか?
私は月並みながら、涙あり笑いありの一年を過ごして来ました。次年度は長男が中学へと進む為、少しばかり「気忙しさ」が加わるのでは・・・

さて年度末は、出会いと別れの季節でもあります。今年度で職場を去る方もおれば、新たに加わる方もいて、心機一転気合いが入ります。ちなみに私の職場ではトップ二人が代わってしまい、今までの体制が大幅に変わる事は間違いないでしょう。
学校でも、子供達の担任が二人とも異動しました。先日の離任式に出席したのですが、それぞれ涙でのお別れに、子供達も悲しい顔をしていました。
長男の中学では、バスケの監督が異動となり、後任は誰になるのか全く分からず、ある意味発表が楽しみではあります。

明日は地区の「六年生を送る会」が行われ、共に通学した登校班のみんなとお別れです。そして明後日はいよいよ四月。長男は名実ともに「中学生」としての第一歩を歩みます。
これからの三年間、早いのは当たり前ですが、しっかり勉強やスポーツに打ち込み、その先にある進路を決める大事な準備期間だと思いますので、力いっぱい歩んで欲しいと願ってます。
娘には、「今よりもっと積極的に」を合言葉に、残りの小学生活を過ごして行けたら・・・と考えてます。

桜の花は咲く時期さえ未定ですが、季節は確実にその様を変えています。「自分も変わらなければ」何度感じた言葉でしょうか?大きくなくてもいいんです。人に見られなくてもいいんです。ほんの少し・・・自分が自分を「変わった」と思えますように。

またアップします。

2012年3月16日 (金)

卒業2012

御無沙汰しています。久し振りの更新ですね。

特にサボっていた訳でなく、卒業式後に行う謝恩会用のDVD作成が忙しく、更新もままならない状態でした。
このDVDは総制作日数2ヶ月の大作で、今日出席いただけなかった昔の担任の先生方にもアポを取り、直接その勤務先に出かけて行き映像を撮って来ました。
おそらく懐かしい顔ぶれに喜んでくれるのでは?と、一人で考えてますが・・・どうでしょうね???

で、長男の卒業式は無事に午前中で終了しました。例年になく涙ぐむ生徒がおらず、何か物足りない式でしたが、親としては「お世話になりました」ですね。
6年はあっという間に過ぎました。誰もが言う「中学は早いよ~」の声。そうでしょうね。6年でさえ早いと感じてるんですから、その半分だったら「アッ!!」と言う間でしょう。

子供達が大きくなるにつれ、改めて月日の大切さを感じています。まだくっついてくれる娘も、もうすぐ距離ができるのでしょう。しかしそれも成長の証だと思えば喜ぶべきなんでしょうが・・・少し寂しいですね。

さあ、とびっきりの笑顔で謝恩会に出かけてきます。

お世話になった先生方と、お世話になった父兄たちと、感謝を込めて杯を交わして来ます。

それでは、また更新しますね。

2012年3月 1日 (木)

2月の〆

こんばんは。
久々の更新です。

実は昨日まで仙台へ行ってたもので、なかなか更新が出来ませんでした。
簡単に振り返ると・・・

25日は地元のスキー大会に娘が出場し、昨年の順位から一つ上げ2位の成績でしたscissors1本目終了時点では3位でしたが、2位とあまり差がなかったため、娘にちょっとアドバイスをしたら見事”差し切り勝ち!”おそれいりました。

閉会式後は急いで「習字」の時間。その後田沢湖でスキーツアーのため1泊。
翌日は家族4人でスキーを満喫するも、天気が目まぐるしく変わり、結局あまり滑らずの帰宅でした。
ただ、私だけはスキーウエアからスーツに着替え、夕方横手を出発するバスで一路仙台へ。

しかし早く着くものですね。横手からは3時間かからずに到着。夕食は手近に「吉野家」で済ませ、ゆっくり風呂につかり就寝。

27日はいよいよ研修開始。北海道から沖縄まで一同に会して行われました。28日の15:00まで続く。

研修終了後の15時から急いで仙石線へ飛び乗る。目指すは「松島」。震災から1年になる前にどうしても行きたかった・・・

毎年夏に来ていた松島がそこにあったが、なぜか涙が出てきたweepいつも泊まっていた小櫻屋旅館がなくなっていたのがショックだった。しかも近くの店員さんから聞いたその時(3.11)の状況は絶句だった。
大津波警報が出たので、周りの方は次々と避難したのだが、通りを走っていた車は沖へと流されていったらしい。代わりに流れてきたものは船だったそうだ。

街は回復しているが、人々の心の傷を回復させるには相当時間がかかるだろう。そんなことを思いながら、再び仙石線で帰るのだが、すっかり夜になった車窓からは、もの悲しげな風景が続いていた。

29日。早朝に起き一路駅を目指す。実は今回の行程の中で一番過酷な移動だった・・・
高速バスで横手~電車で湯沢~タクシーで役場まで。そして鍵を妻から貰い車で小学校へ。何とかPTAに間に合いホッと一息。

こうして慌ただしく終えた2月ですが、今日からは別れの弥生3月。長男も11回学校に行けば小学校生活は終わります。様々な思いを胸に中学に進むのでしょうが、どうか幸あれと願うばかりです。

次回の更新は卒業式後でしょうか?

祝賀会で使うパワポ等々、時間がかかりそうです。

では、また。


« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31